世界初の人工サーフィン・ラグーンWavegarden

世界初の人工サーフィン・ラグーン「Wavegarden(ウェイブガーデン)」が、2015年6月オープンを目指し、イギリスのマンチェスター郊外で建設が始まった。北ウェールズのコンウィ渓谷にあるドルガルログの村に造られる、サーフィン&ウォーター・スポーツ・パーク「Surf Snowdonia(サーフ・スノードニア)」が超エクサイティングだ! いくつもの山と湖が集まるスノードニア国立公園の丘陵地帯に建設が計画されている、山岳地帯でサーフィンが出来るという非現実的な世界で初めて人工サーフィン・ラグーン「Wavegarden(ウェイブガーデン)」が一般公開される。Wavegardenは300mのロングラグーンで、最高6フィートの波も可能というパワフルで一貫したサーフィン・ウェイブを作り出すというプロサーファーも納得の内容となっている。 画像1

ウェイブガーデンの横には50メートルの長いカフェ、レストラン&バーが併設しており、さらにキャンプ場や宿泊施設も予定されおり、準備を整えている。 サーファーだけでなく、家族で楽しめる様々なアウトドア・ウォーター・スポーツが楽しめる最高の施設だ! 画像2 画像3 どんどん本格化している夢のようなサーフィン・ラグーンでサーフィン出来る日が近付いて来ている。マンチェスターに訪れた際は絶対に利用したいものだ。